コラーゲンの一日の摂取量の目安

コラーゲンの一日の摂取量の目安

 

コラーゲンの摂取において重要なのは、摂取量の目安をしっかりと守ることなのです。

 

実は、コラーゲンは摂取し過ぎると、体に大きな害を与えることが知られてます。

 

摂取することで体の健康が守られることは良いのですが、それによって安全性が害われてしまったら何ら意味がありません。そこで、今回はコラーゲンの一日の摂取量に関して正しい知識を紹介いたします。

 

コラーゲンの摂取量の目安は、一日5,000ミリグラムは成人で必要な分量です。

 

ここで重要なのは、みなさんが摂取しているコラーゲンの分量は平均で一日3500ミリグラムしか無いという事実でうです。意外に摂っていないと感じている方も多いのでは無いでしょうか?

 

皆さん、考えてみて欲しいのはコラーゲンという物質は、肉類でも魚類でもぷるぷるしたゼラチン質の部分に含まれています。そういった部分を毎日食べていないと、この量は維持できていないのです。そういった食事を毎日するのは至難の業だと思います。ですから、皆さんサプリメントに頼る傾向があります。

 

ですが、このサプリメントですが、中にはたくさん摂ればいいのではないとか考える人も多いのです。

 

それは大きく間違っています。

 

サプリメントは人間の食生活や摂取量に合わせて基準値を設定しているので、この分量を間違えるということは、体に大きなダメージを与えることになります。コラーゲンの過剰摂取はアミノ酸の過剰摂取と同じになります。

 

コラーゲンの副作用に関して、専門的な研究の結果、大きな副作用は無いものの、1日の摂取量が10,000mg超えると肌荒れが発生するようになるという報告があります。

 

加えてコラーゲンの副作用による一番の問題は、動物から出来たタンパク質を摂取することによるアレルギーのリスクです。コラーゲンの原料になる動物名が書かれている商品をしっかり選ぶことや、適切な摂取量を守ることで太陽することが出来ます。

 

アレルギー症状というものは、一度に体が対応しきれないほどの物質を摂取した時に体の免疫系が過剰反応して、体内に必要な物や反応不要なものに対して、過剰反応してしまうことです。こうした、アレルギー症状になってしまいますとコラーゲンで無くても、他の食品を食べた時でも症状が現れることになるので注意が必要になります。

 

また、人によって摂取量が大きく異なります。商品に書かれている目安量を摂取しても、肌に効果がない場合は商品を変えたり、分量を減らす工夫も重要なのです。