コラーゲン摂取すると相性の良いビタミン

コラーゲンを摂取する人にとって重要なのは、コラーゲンの質を選ぶことだけでもないのです。コラーゲンの摂取をより良くする栄養分を摂取することが一番大切なことなのです。

 

今回は、意外に知られていないコラーゲンの摂取において相性の良いビタミンに関して紹介いたします。

 

コラーゲン摂取すると相性の良いビタミン

 

コラーゲンの摂取において相性の良いビタミンと言っても、2つ種類があります。

 

その種類は、一つ目は、コラーゲンの生成を助けるビタミン、もう1つは同時に摂取することによって体の健康維持に大きく役立つビタミンです。

 

最初のコラーゲン生成に大きく貢献するビタミンは、ビタミンCと鉄分です。ビタミンCは体内に入った、アミノ酸をコラーゲンにする時の反応を良くする作用があります。ビタミンCは体内の活性酸素に反応し、肌の線維芽細胞の機能や組織に対して作用することによって肌を保護する作用があり、シミやそばかすを消す作用があります。

 

次に鉄分です、鉄は体内の中で、触媒として作用してコラーゲン生成に寄与します。コラーゲンの生成に鉄が作用していることはあまり知っている方が少ないように思いますが、女性の皆さんであれば、生理中は肌の状態が良くないといった症状に見舞われる方が多いと思います。

 

こうした原因は、体内の鉄分不足によって肌の質が悪化しているということなのです。すると、一度にこうした成分を摂る最高の食品は無いかと考える方も多いのでは無いでしょうか?

 

実はあるんです。コラーゲンを含んだ青汁が正にこの条件を満たしています。別々に摂取する場合は、


肉類を食べるときにレモン汁や果物を食べることという工夫が必要なのです。

 

次に、一緒に摂取すると健康維持に大きく役立てる成分は、カルシウムです。実はカルシウムは骨の生成に大きく関わる成分として有名ですが、コラーゲンと一緒に摂取すると非常に吸収が良くなることが知られています。

 

その理由として、コラーゲンの土台が無ければ、カルシウムは骨として作ることが出来ないからです。コラーゲンの土台があって、骨を作る骨芽細胞が成長をすることで骨が形成されていくので、コラーゲンとカルシウムの摂取は非常に相性が良いのです。

 

グルコサミンとコンドロイチンも同様です。コラーゲンの土台の上に、保湿成分がある2つ成分の作用で関節の痛みを取る効果が単独よりも効果があることが知られています。

 

ビタミンは複数の機能が重なることによって健康が維持できるようになっています。ですから、効率のよい方法を知って健康維持に繋がる参考になれば幸いです。